2007年09月08日

病理検査&カビ培養検査の検査結果

更新が遅くなってしまいましたが、、、

先週の日曜日、ばばちゃんの抜糸、無事完了しましたexclamation×2
傷口も日に日に目立たなくなってきて、ばばちゃん自身も食欲モリモリ元気にしています手(チョキ)

20070906-DSC_5493.jpg
”てへっるんるん


そして、ふくちゃんの蕁麻疹もその後出ることはなく今のところいつも通り元気ですグッド(上向き矢印)

20070906-DSC_5514.jpg
”えへっるんるん


ご心配下さった皆さん、ありがとうございましたぴかぴか(新しい)

ばばちゃんのカイカイは相変わらずなのですが、ふくの蕁麻疹が出ていないことと術後のばばちゃんが元気であることに、飼い主夫婦はホッとする日々を過ごしていますダッシュ(走り出すさま)



******************************************************************


抜糸の際、以前病院にお願いしていたばばちゃんの皮膚の病理検査の検査結果を頂きました。


ばばちゃんの後ろ足外側の皮膚を摘出し(筋肉の手前までを採ったそうですふらふら)検査した結果、
毛包炎という結果が出ました。

「毛包虫感染による炎症の遺残が原因と考えられる」とのこと。
”毛包虫”とも呼ばれるニキビダニが、今までばばちゃんの毛包の中にいて散々ばばちゃんを苦しめていたわけですが、そのニキビダニが姿を消した後の毛包が、いまなお炎症を起こしている。

ばばちゃんの皮膚は、そういう状態だそうです。


そして、カビの培養検査の結果、、

こちらは、今回も見事に培養されていましたもうやだ〜(悲しい顔)
がっかり。。バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)


でも、現状が分かって良かった。。
まずはカビをやっつけること、そして、炎症をなるべく抑えていく為に、今後は今まで以上に皮膚を清潔ぴかぴか(新しい)に保ってあげることを心がけることにしました。
カビと炎症が治まれば、カイカイも今度こそなくなるはずexclamation×2
散歩中すぐに座ってしまい、外でもお腹をべったり地面に付けてしかも後ろ足もカエルのようにべろーんと伸ばして寝そべってしまうことが多いばばちゃんなので余計に気を使いますが、都度なるべくキレイに拭いてあげることにしました。


残るは、アレルゲン検査。こちらの結果も気になるところです。
なんだかアレルゲンがたくさんありそうな予感。。
ドキドキだけど、とりあえず早く聞きたいっあせあせ(飛び散る汗)


posted by jbf at 03:23| Comment(11) | TrackBack(0) | baba*fuku | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。